渋谷、原宿・美容院・Cura(クーラ)>縮毛矯正>【予約前に確認!】酸性ストレートで本当に大丈夫?メリット/デメリットを現役の都内美容師が徹底解説します!

【予約前に確認!】酸性ストレートで本当に大丈夫?メリット/デメリットを現役の都内美容師が徹底解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【予約前に確認!】酸性ストレートで本当に大丈夫?メリット/デメリットを現役の都内美容師が徹底解説します!

こんにちは!

表参道・原宿でパーマや縮毛矯正に精通した美容室Curaの美容薬剤オタク 森です。

今回は話題の

酸性ストレート(酸性縮毛矯正)

についてケミカル(薬剤)が得意な現役の美容師として

一般のお客様向けにどの記事よりも分かりやすく徹底解説していきたいと思います!

他の方が説明されていない一歩踏み込んだ内容もお届けしていきます。

《この記事を読んでほしい方》

・酸性ストレートに興味をお持ちの方

・やってみたいけど怖い

・すでに酸性ストレートに失敗してしまった方

・ブリーチをしていて縮毛矯正を断られてしまった方

「何がなんだかわからないよーでも髪の毛はキレイにしたい!」

インスタで「#酸性ストレート」と検索しても酸熱トリートメントや髪質改善、縮毛矯正など関係ない記事が出てきてしまってよくわかりませんよね?

そんな方に参考になると思いますので最後まで読んでいただけたらと思います!


《この記事を書いている人》

自己紹介を簡単に都内で11年美容師をやっていてパーマや縮毛矯正のような薬剤を扱う施術が得意な美容師です。(※パーマと縮毛矯正の原理は同じです。)


毛髪の根幹がわかっていないとパーマも縮毛矯正も語れないので、毛髪科学はある程度勉強しているのでそんな観点からお話させていただきます。


美容師さん向けに薬剤ケミカルを教えるYouTubチャンネル、ブログやっておりますので情報の信頼性を確認されたい方はぜひチェックしてみてください!

→ブログ:パーマ塾

→YouTube:パーマ塾

↪︎森 正臣のプロフィール


《この記事を読んだ後に》

・自分に酸性ストレートがあっているのかわかる

・酸性ストレートについて理解できる

・酸性ストレートのメリット/デメリットがわかる


自分の今の髪の毛には酸性ストレートが向いているのか、はたまた普通の縮毛矯正が向いているのか?

何か一つでも参考になる知識持って帰っていただけたらと思います。

美容師向けの美容業界紙「経営とサイエンス」 2022年4月号 酸性ストレート特集にて巻頭で対談させていただいておりますので、本記事を信頼して読み進めていただけたらと思います!


【1】縮毛矯正と酸性ストレートって何が違うの?

まずはじめてに従来の縮毛矯正と酸性ストレート(酸性縮毛矯正)一体何が違うのか?

A.正直あんまり変わりません

期待されていた回答じゃなかった方申し訳ありません。

このように解説されている方はほとんどいらっしゃらないかと思いますが、これが僕のアンサーです。

簡単に掘り下げていくと正確にはお客様目線ではということです。

薬を塗って

流してアイロン

固める薬


酸性ストレートだろうと、アルカリ縮毛矯正だろうと同じです。

ここからは少し細かい話!

美容師目線で話してをしていきます。

上記で触れたように酸性ストレートと従来のアルカリ縮毛矯正の施術自体は普通の縮毛矯正です。


美容師目線での違いは、使う薬剤が酸性域かアルカリ域かその違いです。

※専門用語的なワードが出てきましたが下で解説するのでサラッと流してください!


でもなんで話題になっているのか?

それは

というイメージが大きいと思います!

美容師さん、お客様の美容化学リテラシーの向上によって、

「アルカリが髪の毛のダメージの原因だよね!」

というのはなんとなく誰にでも通じるようになってきていると思います。

※従来の通常のカラー、パーマ、縮毛矯正は上記でふれたようにアルカリ域です。


そして弱酸性ってどっちかというといいイメージですよね。

実際にこんな図を作りました⇓

出典:パーマ塾

中学校でやったリトマス紙のやつです。


髪の毛はpH4.5〜5.5の弱酸性領域が安定します。(等電点といいます)

それよりアルカリ性に向かえば向かうほど、髪の毛にはストレスです。

ちなみにアルカリ域のパーマや縮毛矯正はpH8〜9くらいで施術し、

酸性施術はpH3.5〜7くらいで施術が大まかな値です。

そんな酸性優しいイメージのもと酸性ストレートは髪の毛に優しいクセを伸ばす施術として猛プッシュされています!


【2】酸性ストレートは実際痛まないの?

次に気になるのは実際に酸性ストレートって酸性領域だから痛まないの?というポイント!

A.普通に痛みます!

美容師側の人間ですが、ウソはつけないので正直にいってしまいます。


〇〇〇カラーは痛まないと酸性ストレートはダメージレスとか甘い言葉をたまに目にしますが、美容室の施術の中で痛まない施術はありません。

これは紛れもない真実です。

もしこれを否定するような痛まないパーマ、縮毛矯正、ヘアカラーを発表できたとしたらノーベル賞を取れるのではないかと思います笑


何か髪の毛に施術をするということは確実に髪の毛に対して負荷はかけています。

アルカリダメージという側面では痛まないというだけで、他側面からみれば普通に痛みます。


【3】酸性ストレートのメリット/デメリット

ここまでで

《アルカリ縮毛矯正と酸性ストレートの違い。》

《酸性ストレートは痛むのか?痛まないのか?》

というところまで解説してきました。

それを踏まえてこの項目では酸性ストレートのメリット/デメリットについて解説していきます。

▼酸性ストレートメリット

酸性ストレートの最大のメリットは・・・

A.酸性で縮毛矯正ができること。

すっごく簡単に解説していきます。

従来の縮毛矯正はアルカリで施術します。


冒頭で簡単にふれましたが、髪の毛はアルカリによってダメージします。
カラーもパーマも縮毛矯正もアルカリ施術が基本です。

髪の毛は生えてきた段階の健康毛がアルカリ防御力100だとしたら日々の生活やカラーや縮毛矯正で徐々に防御力が減ってきます。


あくまでもイメージですが、

アルカリ縮毛矯正を1回した時のアルカリ攻撃力(ダメージ)が10

酸性縮毛矯正を1回した時のアルカリ攻撃力(ダメージ)が0

※繰り返しますが、あくまでもイメージです。

・極端に痛んでしまった髪の毛

・ブリーチ毛

・エイジング毛

上記のような髪の毛は防御力は10くらい

少しでもアルカリに振ると髪の毛がビリビリになったり、ちぎれたりしてしまうので普通の縮毛矯正のアルカリ攻撃力10に耐えられないのです。


そこで酸性ストレートの出番です。
酸性ストレートはアルカリでのダメージは0なので上記のような防御力のない髪の毛に対しても施術できてしまう。


これが酸性ストレートの最強のメリットです。

▼酸性ストレートのデメリット

・時間がかかる

・料金が高い

・クセが伸びきらないこともある

現役で酸性ストレートを施術できる美容師としてお客様目線でのデメリットはコチラです。

⇒時間がかかる

手順は普通の縮毛矯正と同じですが、酸性ストレートは薬剤のパワーで伸ばすというより美容師の技(物理の力)で伸ばすことになります。

1剤塗布でこんな感じで

出典:パーマ塾

ペーパーワークをしたりすることもあります。

そもそも1剤の放置時間が通常の縮毛矯正の倍近くあったりとお店によりますが

・アルカリ縮毛矯正だと3時間

・酸性ストレートだと4時間

こんなイメージです。

僕個人の場合でもカット込みで、

縮毛矯正3時間

酸性ストレート3時間半

くらいとやっぱり酸性ストレートの方が時間はかかります。

⇒料金が高い

上記で説明した通り施術時間は長くなるので、その分料金は高単価になります。

他は

・酸性1剤が高価

・処理剤をたくさん使う

上記が理由で、酸性ストレートの施術料金は2〜4万円くらいの幅で施術されいる印象です。

⇒クセが伸びきらない

酸性ストレートでバシッとクセを伸ばすのは、なかなか難しいです。


美容師さんの中には酸性ストレートを専門にして極めている方もいるので、そんな仙人のような美容師さんに一発で当たればいいですがそんな美容師さんは1000人に1人いるかいないかだと思います。


酸性ストレートが普通の縮毛矯正よりもクセが伸びにくいことを書いている美容師さんはほとんどいないですが、最前線の意見はコレです。


僕も美容師の中では割とケミカルに精通している方かと自負していますが、僕よりも上をいく仙人級美容師、薬剤開発研究員の方のお話聞いても

という意見が多いです。

酸性領域=髪の毛に優しい

いい意味でも悪い意味でも髪の毛に優しいのです。


【4】正しい酸性ストレートの選び方

ここまでの話をまとめて解説していきます。

僕自身日々の営業で酸性ストレートを施術している訳ですが、酸性ストレートについて予約前に知っておいてほしいことがあります。


2019年から本格的に酸性ストレートを触ってきてたどり着いた答えです。

確かに痛みにくいなら

「普通の縮毛矯正よりも酸性ストレートの方がいいじゃん!」

と思う方も多いかもしれませんが、

そもそも縮毛矯正をされる目的は「クセを伸ばしたい」の方が大半だと思います。

いくら痛みにくいとはいえ、クセが伸びにくいなら本末転倒。

なので、僕は「それならアルカリ縮毛矯正で痛みにくいように最小限のアルカリで縮毛矯正でやる」という考えのもと施術をしています。

僕はこのあたりで縮毛矯正施術をするのが好きです。

ダメージを抑えながら、縮毛矯正の伸びの安定感はしっかりとっていく。(いいとこ取りです。)

しかし少しでもアルカリ性に振ったらやばい髪の毛


《アルカリがやばい毛》

・ブリーチ毛

・細毛のエイジング毛

・過度なダメージ毛

・極度の細毛

上記のような髪の状態の時に酸性ストレートのメリットがデメリットを上回ると思うのでそんなときに酸性ストレートがおすすめです。

というかアルカリではできない場合が多いので酸性一択です。


この記事を読んでくださっている方で自分が《アルカリがやばい毛》に正確にあてはまっているか、いないかわかる方は少ないと思います。

酸性ストレートがハマる髪質の方は、アルカリより圧倒的に少ないです。


そもそもお客様が縮毛矯正の施術方法を指定して予約するのは少しリスキーです。

風邪をひいて病院に行って処方箋を自分で出す方はいませんよね?

その時の風邪の症状(髪の毛の状態)に合わせて薬(施術方法)を処方してもらうはずです。


縮毛矯正も同じです。

痛みにくいといえど髪質にあっていない施術であればクセを伸ばすという目的を果たせないこともあるので、

酸性ストレートを決め打ちして予約するのは失敗のリスクもあるので少し注意が必要です。


普通の縮毛矯正もできて、酸性ストレートもできる美容室でしっかりと毛髪診断をしてもらい適切な施術をしてもらうことが現役美容師としておすすめです。

《アルカリがやばい毛》に全く当てはまらない方に関しては無理して酸性ストレートのあるお店を選ばなくていいと思います。


逆に縮毛矯正を何度か断られてしまったような髪質の方は酸性ストレートでないとできない可能性が高いので酸性ストレートのできる美容室に相談してみましょう。

必要であればこんな感じで

《パターン①アルカリと酸性混合》

▼Before

根元/中間 → 弱アルカリ性

毛先 →

酸性


▼After

と使い分けることで最小限のダメージでピシッとした仕上がり目指せます。

上記はハンドドライのみです。

ブローもアイロンも一切なしです。

難しい髪質の場合は酸性ストレートで施術します。

《パターン②》

エイジング毛×白髪染め×ブリーチ(ハイライト)×健康毛(根元新生部)

▼Before

このような複合的な履歴がある場合は、縮毛矯正がもっとも難しいです。

この場合は根元から毛先まで酸性ストレートで、施術します。

▼After

ドライのみの仕上がり。


質感も巻けるくらい自然な仕上がりです。

【5】まとめ

▼縮毛矯正と酸性ストレートの違い

→お客様目線では特に違いはない

▼酸性ストレートは痛まない?

→痛みにくいだけ痛まないことは全然ない

▼メリット/デメリット

・メリット
→痛みに弱い髪にもできる可能性が高い

・デメリット
→時間がかかる/効果/伸びきらないこともある


酸性ストレートは美容師にとって対応できるお客様が増える素晴らしい技術です。

しかし酸性施術がハマる髪の毛は割とせまいので、予約の際は自分で判断せずに普通の縮毛矯正で施術するべきか、酸性ストレートで施術するべきか信頼できる美容師さんにジャッチしてもらうことが大切です。

酸性ストレートをお考えの方の予約前の参考になれば嬉しいです!

都内にいらっしゃれる距離のお客様でどうしたらいいかよくわからないという方はぜひクーラにご相談ください。

アルカリ縮毛矯正も酸性ストレートも髪質改善の種類も豊富なクーラであなたの髪の毛にぴったりの処方お任せください!

さらに詳しく知りたい方は美容師さん向けに酸性ストレートを解説している僕のブログみてもらえると参考になると思います。

»【痛まない!?】酸性ストレート/ 縮毛矯正って結局どうなん?導入必須?やり方は?全てのHOWに答える!

酸熱トリートメント、サイエンスアクア、ウルトワ、髪質改善トリートメント何がなんだかわからない!

という方はコチラ

【3分でわかる!】髪質改善って何?効果や種類を癖に悩む美容師が徹底解説!

【3分でわかる!】髪質改善って何?効果や種類を癖に悩む美容師が徹底解説!


こんにちは! 東京・原宿で髪質改善の得意な美容室Curaのクセに悩む美容師荒川です!!
荒川「悩んでます。クセ毛に。。。」
そんなクセ毛に悩み様々な髪質改善を試してきた荒川が マツコ会議でも話題の髪質改善についてどの記事よりもわかりやすく解説していこうと思います!
これさえみれば髪質改善の ・効果 ・縮毛矯正との違い ・トリートメントとの違い ・メリット/デメリット
について基礎知識は簡単にわかります!
◾そもそも髪質改善とは? 髪質改善というのは一つの技術の名称ではなく、 美容院のメニューの打ち出し方の名前です。 なので髪質改善のやり方は様々です。 (ココが超危ないところです。)
しかし一般的に言われている髪質改善は3種類あります。
◾髪質改善の種類 ①酸熱トリートメント
②水素トリートメント
③サイエンスアクア
どれも髪質改善の1種ですが、 今のところ髪質改善は酸熱トリートメントと 呼ばれることが多いです!!
髪質改善の種類について詳しくはコチラ↓
なのでこの記事では、酸熱トリートメントについて わかりやすくお話していきます。
◾酸熱トリートメントの工程
①カウンセリング (目指すスタイルや日頃の髪の毛の扱い方等詳しくお伺いさせていただきます)
②シャンプー
③酸熱トリートメント塗布
④15分放置放置しお流し
⑤ドライ&ブロー&アイロン(水分を抜く)
で終了です。
使用時間は約1時間半前後。 (カウンセリング等でプラスお時間いただく場合がございます)
◾酸熱トリートメントのメリットデメリット メリット
①効果がとても実感ができる! 自宅でやるトリートメントやサロントリートメントも、 もちろん良い物ですが、仕組みや工程も全く違う物なので 数週間するとだんだんトリートメントをしたその日のような 質感はなくなって来ますよね。
それに比べ酸熱トリートメントの効果や持続は体感すれば一目瞭然です!
②広がり、ゴワつき パヤパヤが抑えられる うねるうような癖は伸びませんが 落ち着かせることは可能です! 今ある癖の20〜30%のゴワつきを抑えられると思ってください!
③ダメージ過多の人にも対応できる 明るめのカラーやブリーチを繰り返している方 年齢と共にエイジング現象でダメージが気になる方にも関係なく安心して施術できます!
デメリット ①大きなうねるような癖は伸びない 癖を伸ばすことを第一に考えた縮毛矯正とは全く違うため うねるうような癖は伸びませんが落ち着かせることは可能です! 今ある癖の20〜30%のパヤパヤ、ゴワつきを抑えられると思ってください!
②カラーが退色してしまう場合がある 酸熱トリートメントを行うと毛先のカラーが退色してしまう場合があります ただカラーリングとの相性もとてもいいのでCuraではカラーリングとの 同時の施術もオススメさせていただいています!
③仕上がりにむらがでる。 一番重要な所です! 一言でトリートメント言っても実はデリケートで繊細な技術になります。 状況によっては硬くなってしまったり、ざらついたり、、 質感が悪くなってしまう場合があります。
その時の状態によって毎回、濃度や薬剤を変え私達美容師が 髪質に合わせて施術していく技術が伴われます。
なのでCuraでは、初めてお客様は特に最初のカウンセリング時に 多少のお時間をいただいてでもお客様のお悩み、目指すシルエットや
普段の髪の毛の扱い方を詳しお伺いした上施術に入らせていただいております。
◾よくある質問 Q.酸熱トリートメントもちはどれくらい?
実際に酸熱トリートメントをやっていただいたお客様のお写真がコチラです
酸熱トリートメントは初めてやるお客様。 背術前(朝は軽く寝癖のみ直してきた髪の毛の状態のようです) ↓
ここから酸熱トリートメント1回目の仕上がりがコチラ
表面のパヤパヤや癖が落ち着いていますね! ですが当日は水分を抜く作業があるため アイロンワークが必要なのでサラサラは当たり前。
では二ヶ月後はどうでしょう、、、?

この日も特にアイロンなどは通さずに ご来店していただきました。 明らかに背術前とは違う様子! おさまりがよくなっています!
そして髪質改善2回目 ↓
サラサラ艶々の2回目!すかっり髪が綺麗になりました^^

比べるとこんな感じになります!
(※写真は全て無加工です) 酸熱トリートメントをしてから二ヶ月経っても 左上の施術前に比べかなり広がりゴワツキやパヤパヤが 収まっているののがわかりますね!
2ヶ月経っても酸熱トリートメントが取れることはありませんが 施術したその日のような仕上がりよりは 手触りや見た目の面で変わっていくと思うので適切な頻度で行うのがオススメになります
Q.酸熱トリートメントのもちをよくするためには?
①適切な頻度で行う 定期的に(一ヶ月に一度)行うではなく 適切な頻度で行うことが大切。
毎回、全く同じ酸熱トリートメントをするのではなく お客様のその時の髪の毛の状況に合わせて 施術させていただくのがベストだと思っています。
それには上にも書いたように適切な 薬剤選定はもちろん、施術に合わせた 適切な頻度で行うことが大切です!
②自宅でのケアにも力を入れてみる
市販のシャンプーを否定するわけではありませんが 多くの方が市販のシャンプー剤を購入する場合 たくさんの商品が並ぶドラックストア等で 購入する方が多いと思います。
たくさんの商品が陳列するドラックストアで 誰が手にとって使用してもうまく扱えるよう、 市販のシャンプーにはそれだけ洗浄力が 強いものが多く取り扱われていることが多いのです!!
大手メーカーの有名なシャンプーでさえ100回使用することで カラーリング一回分のダメージが加わる場合も
美容師がサロンシャンプーをオススメする理由の一つとして 美容師側がお客様の髪質に合わせて 選ばせていただくことができる。 というのも大きなポイントになっていきます
髪質改善できるシャンプーのおすすめはこちら↓
◾酸熱トリートメントbefore&after
 ★20代 女性 お悩み 癖というより広がりが気になる  毎日のコテアイロンをするため毛先のざらざら感や切れ毛が増えた
★30代 女性
出産後から著しく髪質が変わり乾燥するようになった 全体的に明るめのカラーをしていてハイライトもたくさん入っているので毛先のダメージが気になる
★20代女性 全頭ブリーチを2回ほど繰り返した ハイダメージ毛。毛先は、ぱさついてしまい枝毛が多い。
★30代女性
癖が気になる!エイジングによってツヤが無くなってきてしまった つやのある仕上がりにしたい!
◾口コミ★
◾まとめ
ここまで読んでいただきありがとうございます。 酸熱トリートメントにおいて最も。と 言ってもいいほど重要になってくるのは 目的、髪質やライフスタイルに合わせた的確な判断です。
髪質に対する悩みはとてもデリケートな問題ですよね。 私自身が髪質に悩み実際に、
酸熱トリートメント、水素トリートメント、 サイエンスアクア 、ケラチントリートメント、 縮毛矯正、ストレートパーマ、ウルトワ トリートメント、ミネコラ
本当にたくさんの髪質改善を体験しているから こそお伝えできることも多くあります。
その人、一人一人に合わせた髪質改善。 自分にあった施術を見つけてみませんか、、、?
選ぶには髪質改善メニューたくさんありすぎて、、、
「どのメニューが良いかわからない」 「髪質に合わせて施術してもらいたい!」
そんな方はコチラがオススメです ↓
髪質改善に失敗しないための記事はコチラ↓
話題の酸性ストレートに関してはコチラ↓ご覧ください。
癖毛の私が水素トリートメント本気でレビューしています!↓
お電話でのお問い合わせではホームページをみたとお伝えください!
下記クリックでお店につながりますので お気軽にご連絡ください。
03−5766−0045 ご予約はコチラから



森の縮毛矯正のご予約は


※現在森は新規のお客様は平日のみ対応しております。

土日もという方はこちらのスタッフで是非Curaご利用ください。


我こそは難しい髪質という方はご相談ください!

関連動画もお時間あればご覧ください。



【6】酸性ストレート、酸熱トリートメントの失敗理由を解説



【7】関連記事

▼酸性のデジタルパーマについての記事

【最新技術】酸性デジタルパーマのメリット/デメリットを現役パーマ美容師が徹底解説

【最新技術】酸性デジタルパーマのメリット/デメリットを現役パーマ美容師が徹底解説

こんにちは! 表参道/原宿でパーマ、縮毛矯正に精通した美容室Curaのトップスタイリストの森です。 今回はそんなパーマ、縮毛矯正が得意な美容師として酸性のデジタルパーマについて酸性デジタルパーマ初見の方に向けてめちゃくちゃわかりやすく解説していきます。 【この記事が役に立つ方!】 ・酸性デジタルパーマに興味がある方 ・酸性デジタルパーマのメリット/デメリットを知りたい方 ・デジタルパーマにお悩みの方 都内の美容室では技術向上が爆発的に進みどんどんいい薬剤がでてきて、髪の毛をいかに傷ませないようにパーマ、縮毛矯正施術ができるか日々技術や薬剤が進化しています。 2021年現在のその最先端が酸性施術というわけです。
最近は酸性ストレート(縮毛矯正)なるものがとても話題です。 酸性ストレートについても解説しているので気になる方はコチラ↓
「酸性でパーマや縮毛矯正ができれば、いよいよ傷まずにパーマや縮毛矯正ができる!?」
そんな話を美容師の中でも特に薬剤に精通している美容師としてこの記事を書いていきます。 《この記事を書いている人》 自己紹介を簡単に都内で11年美容師をやっていてパーマや縮毛矯正のような薬剤を扱う施術が得意な美容師です。(※パーマと縮毛矯正の原理は同じです。) 毛髪の根幹がわかっていないとパーマも縮毛矯正も語れないので、毛髪科学はある程度勉強しているのでそんな観点からお話させていただきます。 美容師さん向けに薬剤ケミカルを教えるYouTubeチャンネル、ブログやっておりますので情報の信頼性を確認されたい方はぜひチェックしてみてください! →ブログ:パーマ塾 →YouTube:パーマ塾 ↪︎森 正臣のプロフィール
ネット社会ではどんな人が情報は発信しているかはかなり大切です。 美容室の記事も美容師経験のないライターさんが書いていることも多いようなので間違った情報を掴まないように注意が必要です! 信頼してこの記事を読んでいただけたらと思います。 【1】酸性デジタルパーマとは? そもそも酸性デジタルパーマってなんなの? というところから解説していきます。 A.普通のデジタルパーマとは特に変わりません。(お客様目線) 普通のデジタルパーマや縮毛矯正の薬剤はアルカリ性で施術をします。 簡単に解説すると髪の毛はのり巻きのように3層になっていて、ご飯部分にカラーも縮毛矯正もパーマをアプローチをかけていきます。 しかし髪の毛はよくできていて表面のり部分で髪の毛内部をしっかり守っているので、そう簡単にはご飯部分へのアプローチはできません。 そのガードを緩めてくれるのが、アルカリ性なのです。 美容室で行う施術のほとんどはアルカリ性でのり部分(キューティクル)を浮かしてから施術します。 しかし本来髪の毛は弱酸性です。 中学校などでやりましたが、リトマス紙の酸性か中性かというやつです。 この図のように髪の毛は、だいたいpH4.5〜5.5くらいが安定しています。 髪の毛をpH5.5以上にすると簡単に言えば、ダメージします。 だいたいの美容室でのパーマや縮毛矯正は、pH8〜9で施術します。 なんとなく 「アルカリは痛むんでしょ?」
という感覚はみなさんお持ちだと思いますが、理由はこういうことです。 ここでようやく酸性デジタルパーマの話です。
▼普通のデジタルパーマ pH8~9で施術 ▼酸性デジタルパーマ pH4~6で施術
これが酸性デジタルパーマです。 施術のやり方が大きく変わったりすることはありません。 普通のデジタルパーマと酸性のデジタルパーマの違いはここだけです。 なのでお客様目線では酸性デジタルパーマだろうが、普通のデジタルパーマだろうがあまり関係ないのです。 じゃあなんで「なぜ酸性デジタルパーマがあるの?」 こんな疑問が出てくると思います。 次項で酸性デジタルパーマのメリット/デメリットについて解説していきます。 【2】酸性デジタルパーマのメリット/デメリット ▼メリット ①痛みにくい ②断られる施術も可能に ▼デメリット ①高価 ②施術できるお店が少ない
メリット①:痛みにくい 美容室の施術で痛む原因の多くはアルカリによってのダメージです。 しかし髪の毛の色を変えたり、形を変えるにはアルカリ性での仕事が不可欠です。 ですがパーマや縮毛矯正は酸性でもできるようになってきています。 ということはアルカリでのダメージがないということです。 これは非常に大きいメリットといえると思います。 注意点としては 酸性施術=傷まない ということではありません。 髪の毛へのダメージはアルカリだけではないです。 アルカリダメージは0ということで他ダメージはあります。
メリット②:断られる施術も可能に ここでの断られる施術とは ・ブリーチ毛 ・ハードダメージ毛 ・白髪染めを繰り返している 上記のような履歴のある髪の毛の場合、パーマ施術や縮毛矯正を断られることが多いと思います。 なぜ断られてしまうかというと、上記の特徴の髪の毛はダメージに非常に弱いためです。 さらに掘り下げるとアルカリ性に弱いのです。 なのでアルカリ性で施術をしない、酸性施術なら可能になることも多いのです。 ただし髪の毛の状態を診てからの判断になるので酸性施術ならどこでも、誰でもできるわけではありません。 信頼できそうな美容師さんに相談するのがおすすめです。
デメリット①:高価 酸性デジタルパーマや酸性ストレートの材料は高価です。 途中途中で使う処理剤も高価なのでだいたいどこのお店でも通常のデジタルパーマ施術よりも高価になってしまうのでデメリットとしてあげました。
デメリット②:施術できるお店が少ない 酸性施術はここ最近で流行ってはいますが、施術難易度はかなり高めです。 毛髪理論や薬剤知識がないとまず触ることはできません。 マニュアルでの施術では大事故になりかねないためです。 髪の毛のその時の状態や、部分部分での薬剤の使い分け(濃度コントロール)が必須です。 酸性施術を習得するのに時間もお金も設備投資も必要になってくるので酸性施術に対応しているお店はかなり少ないです。
かつ酸性ストレートは対応していても酸性デジタルパーマ対応のお店はさらに限られてきます。 ここもお客様目線ではデメリットに感じます。
【3】実際の酸性デジタルパーマの仕上がり 仕上がりの質感は従来のデジタルパーマより艶が出やすいです。 デジタルパーマでの質感を向上させたい方にはおすすめです。 ↑明るめの髪はすでにアルカリダメージをかなり受けているので酸性デジタルパーマがおすすめ。
↑ハイライト毛にも対応可能です。
↑デジタルパーマをやりながら上位な質感は目指せます。 僕が実際に施術させていただいたお客様のリアルパーマです。 コテ巻きやブローは一切なし。 【4】デジタルパーマ関連記事 ▼デジタルパーマの1から10を徹底解説 酸性デジタルパーマの応用なので参考になるはずです。
▼酸性ストレートについて解説ブログ 酸性デジタルパーマの兄弟である酸性縮毛矯正。 酸性施術の基本を解説しているのでさらに酸性施術に関して知りたい方に!
▼縮毛矯正とデジタルパーマの同時施術について 縮毛矯正とデジタルパーマの同時施術も酸性で施術可能です。
▼このブログの解説動画
【5】まとめ いかがでしょうか? 酸性のデジタルパーマについて少しでも持って帰ってもらえるものがあれば幸いです。 上質な質感を求める場合、酸性施術じゃないとできない髪質の方気軽にご相談ください。 施術できる美容師さんも少ないので、表参道/原宿にいらっしゃれる方はぜひCuraでお待ちしております。 最後までお付き合いありがとうございました。

▼酸性ストレートのメリット/デメリット


森 正臣

森 正臣

Written by:

大切にしていること>
・ご自宅での再現性
・扱いやすさ
・似合わせ

この三つを大切にヘアスタイルご提案させて頂きます!

髪の毛にかける時間は短くしてもっと素敵なヘアに!

カット・パーマが得意です^^話やすさNo.1☆笑 

  

美容師さん向けにブログも書いているので、ケミカルが好きな方は是非ご覧ください!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森 正臣は、こんな記事も書いています。

  • 【最新技術】酸性デジタルパーマのメリット/デメリットを現役パーマ美容師が徹底解説

    【最新技術】酸性デジタルパーマのメリット/デメリットを現役パーマ美容師が徹底解説

  • 【予約前に確認!】酸性ストレートで本当に大丈夫?メリット/デメリットを現役の都内美容師が徹底解説します!

    【予約前に確認!】酸性ストレートで本当に大丈夫?メリット/デメリットを現役の都内美容師が徹底解説します!

  • 【必見】縮毛矯正当日シャンプーしないで!は嘘??現役美容師が徹底解説

    【必見】縮毛矯正当日シャンプーしないで!は嘘??現役美容師が徹底解説

  • 【絶対見て!】市販と美容室の白髪染めどっちがいい!?

    【絶対見て!】市販と美容室の白髪染めどっちがいい!?

  • 【白髪改善】白髪の5つ原因と2つの対策方法を徹底解説【30代/40代】

    【白髪改善】白髪の5つ原因と2つの対策方法を徹底解説【30代/40代】

  • 【危険!?】白髪染めと縮毛矯正を安全に同時施術していくための解説ブログ

    【危険!?】白髪染めと縮毛矯正を安全に同時施術していくための解説ブログ

人気記事 新着記事 関連記事
  1. 1

    自分の髪の長さがわかる!!ミディアム?ロング?の基準は??

    自分の髪の長さがわかる!!ミディアム?ロング?の基準は??

    263577

    2019/04/14
  2. 2

    【髪質改善オススメの種類はコレ!】3種類とその効果を3分で解説!【縮毛矯正(酸性ストレート)・酸熱トリートメント・サイエンスアクア】

    【髪質改善オススメの種類はコレ!】3種類とその効果を3分で解説!【縮毛矯正(酸性ストレート)・酸熱トリートメント・サイエンスアクア】

    179684

    2020/08/17
  3. 3

    気になるピンクカラーの色落ち教えます!!

    気になるピンクカラーの色落ち教えます!!

    153860

    2019/11/04
  4. 4

    【予約前に確認】デジタルパーマと普通のパーマの違い!人気のデジタルパーマを超パーマ美容師がわかりやすく解説します!

    【予約前に確認】デジタルパーマと普通のパーマの違い!人気のデジタルパーマを超パーマ美容師がわかりやすく解説します!

    148053

    2020/05/10
  5. 5

    【取れないの?】パーマかけた当日はシャンプーをした方がいい理由を現役超パーマ美容師が徹底解説

    【取れないの?】パーマかけた当日はシャンプーをした方がいい理由を現役超パーマ美容師が徹底解説

    116630

    2019/01/10
  1. 1

    ベースの髪色別!ミディアム向けインナーカラーカタログ

    ベースの髪色別!ミディアム向けインナーカラーカタログ

    1

    2022/08/18
  2. 2

    明るくしたい!ダメージレス!ケアブリーチ、ケアカラーとは?

    明るくしたい!ダメージレス!ケアブリーチ、ケアカラーとは?

    218

    2022/07/06
  3. 3

    ブリーチパーマでもダメージを最小限にパーマがかかる?!

    ブリーチパーマでもダメージを最小限にパーマがかかる?!

    253

    2022/06/17
  4. 4

    根元パーマって知ってますか?ボリュームが欲しい方必見!!

    根元パーマって知ってますか?ボリュームが欲しい方必見!!

    297

    2022/05/26
  5. 5

    【梨花もボブに】【30代,40代大人ボブ】

    【梨花もボブに】【30代,40代大人ボブ】

    664

    2022/04/18
  1. 1

    【縮毛矯正とカラー】同時にできる?どちらが先?癖毛美容師が解説します!

    【縮毛矯正とカラー】同時にできる?どちらが先?癖毛美容師が解説します!

    1922

    2021/10/27
  2. 2

    【必見】縮毛矯正当日シャンプーしないで!は嘘??現役美容師が徹底解説

    【必見】縮毛矯正当日シャンプーしないで!は嘘??現役美容師が徹底解説

    13685

    2021/06/30
  3. 3

    【失敗率激下】縮毛矯正とデジタルパーマの同時施術を初めての方にわかりやすく解説。

    【失敗率激下】縮毛矯正とデジタルパーマの同時施術を初めての方にわかりやすく解説。

    14487

    2020/11/30
  4. 4

    【3つの注意点】ブリーチ毛に縮毛矯正をしたい!【現役美容師が解説】

    【3つの注意点】ブリーチ毛に縮毛矯正をしたい!【現役美容師が解説】

    3477

    2020/05/10
  5. 5

    【体験レビュー】クセ毛美容師が縮毛矯正で髪質改善を体験!

    【体験レビュー】クセ毛美容師が縮毛矯正で髪質改善を体験!

    2530

    2020/05/08

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2022 Cura All rights reserved.

"