2015.01.31更新

ブログとか撮影とか、女性に向けてのことが多いのですが、僕は一般的な美容師と比べたら男性のお客様が多い方だと思います。

 

メンズヘアーの雑誌にでているって事も少なからず影響しているとは思いますが、元々自分の髪をいじるのが好きで美容師になったようなもんですからね。

 

自分自身色々な髪型をやってきたからどうしたいとか気持ちはよくわかるし、メンズヘアー得意ですし。

 

でも男性は美容院にいくということが少し恥ずかしいと思っている方も多いと思います。

 

実際、僕も昔は美容室にいくってこと事態少し抵抗がありました。

 

僕の場合、中学にあがるまでは床屋か父親にバリカンで坊主コースだったので、男が美容室にいくということが信じられなかったです。(まぁそんなこと思ってたのに美容師になったのですが、、、笑)

 

が、経験者だからこそ、そう思っている男性の気持ちよく分かります。

 

あまりどうしたいとか、細かいこととか言いたくないし、聞かれてもよく分かりませんよね!

 

もちろんやりたい感じとかはっきりある場合もありますが、それをうまく伝えられなかったりもしますよね!

 

そもそもカウンセリングされるのが苦手だったりしませんか?

 

だから僕は男性のお客様の場合、あえてカウンセリングにあまり時間はかけません。(いや、もちろん最低限のことは聞きますよ。笑)

 

中にははっきりこうしたいって人やこだわりが強い人もいますので、そんな時はカウンセリングに時間をかけますが。

 

初めて来た美容室で、女性が多くて、初めて会う人にいきなりいろいろ言える人って少ないと思います。

 

これはもちろん女性にも言えることですが、美容室においては男性の方が経験値が少ないと思うので、慣れていないですしね。

 

だからある程度長さ聞いたら一度シャンプーしてもらいます。それで一旦リラックスしてもらい、鏡の前にご案内してから再度少しずつ聞き出して行きます。

 

少し場に慣れてからの方が言いやすいですしね!

 

それから男性のお客様がよく言うのが

 

「適当でいいですよ」

 

僕もこれ髪切ってもらう時に言うんですよ。

 

基本的に切ってもらう人の事信頼してますしね。(お客様からしてみたらプロがやってるんだから大丈夫だろ的な)

 

それから僕の場合一種の照れ隠しにたいなとこあります。

 

なんか細かく言いたくないみたいな。

 

だから「適当でいいよ」って言われた時こそやりがいありますね。

 

うまく言えませんが、「適当でいいよ」って言って出来上がりのクオリティーが高かったら次来たときも「適当でいいよ」って安心して言えるかなって思うんです。

 

そうしたらカウンセリング2秒で終わるじゃないですか。笑

 

だから男性のみなさん、、、

 

まず

 

男性が美容室にいくことは恥ずかしいことではありません!(そう思っていたのは僕だけかもしれませんが)

 

次に

 

美容師からしてみたら男性も女性も同じ大切なお客様です。来てくださったらとても嬉しいです!

 

そして

 

カウンセリングは「適当でいいよ」ぐらいな気持ちで大丈夫です!上手く言葉にしてくる練習なんかいりません!笑

 

というわけで、男性の方もご来店心よりお待ちしております!!!

 

 

男性に人気の『宮城リョータスタイル』

k

 

k

 

k

 

 

小川雄基

 

 

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.28更新

昨日はCuraの新年会でした!

 

昼間はお店で総会をして、去年の総評や今年の目標、テーマ、各プロジェクトチームからの発表がありました。

 

去年の反省点をふまえ、今年もよりよいお店にできるよう全員で協力しあい、皆様に喜んで頂けるよう努力して参ります!

 

今年もよろしくお願いします!!!

 

って感じで全員の志気が高まった所で、場所を移して新年会!

 

今年はメキシカン!!!

 

原宿と北参道の間くらいにある「フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ」

 

絶対覚えられない名前。笑

 

ただ、店内とか本当にオシャレ!

m

日本じゃないみたい!!

 

しかも料理もお酒もうまい!!!

 

本格的なメキシカンを食べたのは初めてですが、ハマりそうです!

 

生演奏もしてくれました!

m

みんなノリノリで大盛り上がりでした!

 

今年も頑張ります!!!

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.26更新

冬だけど、寒いけどそんな時こそベリーショート!

 

ベリーショートのいい所!

 

•スタイリングが楽!

 

•ケアが楽!

 

•シャンプー剤が節約できる!

 

•マフラー、ストールをする時に髪が気にならない!

 

•ハイトーンにしてもダメージが気にならない!

 

•ベリーショートってだけでオシャレ!

 

まだまだ良い所たくさんあります!

 

とにかく今ベリーショートが来ています!

s

hair:ogawa yuuki

s

hair:ogawa yuuki

s

hair:ogawa yuuki

 

 

実際のお客様スタイルもちょこっと

 

s

 

s

 

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.23更新

毎年この季節になるとスタッフのスノボー好きで1泊2日のスノボー旅行にいきます。

 

毎シーズン2〜3回は行くのですが、今シーズンの1回目は長野の戸狩温泉スキー場にいってきました!

 

頑張ってちょっと遠くまでいってみました。

 

今回写真撮るのにこっててなかなか良い写真がいっぱいあります!

 

色合いがいい。

b

 

よくやりがちなジャンプ写真。(初めてやったけどこれ結講難しいんですね。)

b

 

ワンピースみたいな。(真ん中の人だけピースになってますが。あ、俺か。笑)

b

 

絶景

b

 

絶景2

b

 

夜ご飯(普通の写真ですが。笑)

b

超爆安ツアーだったのに宿の部屋もご飯も大満足でびっくりしました!

 

夜は宴会で、盛り上がりました!飲むは飲むはでかなり酔っぱらいました!

 

その結果、2日目の朝

 

どーん。。

b

完全二日酔い。かなりきつかった。。

 

2日目はもう2人合流してなかなかの大所帯!

b

 

b

 

b

 

 

b

今回昼飯カレーばっか食べてたなー。しかも二日酔いなのにカツカレーなんか食べるもんだから

 

どーん。。

b

ぶり返し。笑

 

結果一日ずっと気持ち悪かったな。もう若くない。。笑

 

でもガッツリ滑りました!

 

東京に着いたのは23時近く!笑

 

楽しい旅行でした!

 

今シーズンはいっぱいいきたいな!!!

 

b

 

 

 

 

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.23更新

先日雑誌のお仕事を頂き、撮影にいってきました!

 

なかなかいい仕上がりになっていると思います!

 

雑誌が発売されるまでは内容をお伝えできませんが、Men's PREPPY 4月号に掲載されるのでお楽しみに!!!

 

s

 

s

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.19更新

今、美容室は全国的にみてもとても多いです。

 

コンビニの数より多いと言われており、東京の渋谷、原宿、表参道でみたらもう飽和状態です。

 

どこをみても美容室があり、同じビルに違う美容室が入ってたりします。

 

こんな状態だとお客様側からしたらどうやって探せばいいんだろうって感じですよね。

 

そんな時便利なのがネットだと思います。

 

一昔前までは雑誌に載っているのを見て来てくださる方が多かったですが、雑誌の仕事を出来るのは限られた人たち。しかも遠くに住んでいる人はなかなか行きずらいし、値段的にもって感じもあって少し無理して雑誌に載っているような美容室に通っていた人も少なくないと思います。

 

今の時代はクーポンサイトなど自分の好きそうな感じの美容室を簡単に探すことができます。

 

自分の好きな雰囲気やスタイルを作っていて、さらに自分が住んでいる場所周辺で検索したらたくさん出てきます。

 

とても便利だし美容師側からしても誰でも載せることが出来るので、お互いのメリットがあります。

 

むしろ今は雑誌などよりネットに力を入れている美容室の方が多いと思います。そうしなければ集客できなくなってきているのも事実だと思います。

 

そんな数ある美容室の中、Curaを選んで来てくださるお客様には本当に感謝しています。

 

ネット社会で美容室も本当に増えている中、Curaを見つけてくださり、来店していただけることって本当にすごいことだなって思いました。

 

 

今までももちろん感謝していました。ただ本当にお客様目線になれていたか?

 

新しい美容室に行くことってすごくエネルギーを使うことだと思います。

 

店の雰囲気はどんなかなとか担当のスタイリストはどんな人だろうとか、自分のことわかってくれるかなとか、変なこと言ってばかにされないかなとか(そんなことは絶対ありませんが)、余計なことまでいろいろ考えちゃいます。

 

実際僕も美容師になるまではそんなこと考えてました。不安とワクワク感でドキドキしながら店に行ってました。

 

でも美容師になって8年くらいたってちょっとそうゆう気持ち忘れてたんじゃないかなって思います。

 

もちろん意識はしてましたけど、ちゃんと向き合えてたかなって思いました。

 

集客に力をいれることは大事なことです。

 

でももっと大事なことは実際来てくれたお客様、今来ていただいているお客様のこと本気で考えて、本気で感謝して、本気でその人が一番可愛くなる髪型にすることなんじゃないかな。

 

今、目の前にいるお客様が喜んでくれる為に一生懸命やることが僕らの仕事だと思います。

 

それを喜んでもらえたら、また次につながったり、紹介してもらったりで結果的にそれが集客にも繋がっていくのではないでしょうか??

 

8年くらいやっていろんな壁にぶつかって、やり方を変えたり、接客のスタンスをかえたり、様々なことを試して、もちろん努力もしてきました。

 

でも根本は実はめちゃめちゃシンプルなことだと思いました。

 

今目の前にいるお客様を全力でやる!!!

 

そして僕に髪をきらせてくれることに感謝する!!!

 

9年目の意識改革でした!!!

 

これからもよろしくお願い致します!!!

 

 

 

 

小川雄基

 

 

 

 

 

 

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.18更新

サロンでしかできないデザインカラーシリーズ。

 

第三弾はグラデーションカラー

g

 

g

 

g

 

g

 

ボブからロングまで対応できるデザインカラーです。

 

最近では毛先を明るくするだけでなくまばらにハイライトをいれてぼかす感じが多くなって来ています。

 

根元から中間までは暗めに染める人が多いので伸びて来てもあまり気にならいのがデザインカラーのなかでも人気の理由。

 

上の写真くらいの明度差にする場合は多少ブリーチが必要になってきますが、よりナチュラルなグラデーションにしたい場合はブリーチしないでもいけます。

 

コテで巻いたり、アップスタイルやアレンジした時に良い感じに決まります。

 

グラデーションカラーは最初のベース作りがとても大切なので、初めて挑戦する方などはぜひ僕にやらせて頂きたい!

 

ベース作りがしっかり出来ていれば2回目3回目は時間をかけずに、1回のカラーでキレイに染まります!

 

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから

https://cs.appnt.me/facebook/page_tab/38?stand_alone=1

 

ホットペッパーのご予約はこちらから

http://beauty.hotpepper.jp/slnH000107441/stylist/T000137395/

 

小川雄基

 

 

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.12更新

前回にひき続きデザインカラーの話。

 

第二弾はポイントビビットカラー

H

 

H

 

これはベースをダークアッシュで染めてポイントで濃い青と淡い青を上下にわけて入れてあります。同系色カラーで合わせたポイントカラーです。

 

ここまで入れると結構奇抜になりますが、ワンポイントだけ忍ばせる感じもかなりカッコイイと思います。

 

個人的にはベースをハイトーンにしてワンポイントで彩度の濃い赤とかなかなか好きです。

 

ショートでもロングでもいけます!

 

色を入れないでハイライトみたいにするのもありです。

 

 

 

小川雄基

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.12更新

今回はサロンでしかできないカラーについて書きます。

 

単色のカラーでもホームカラーではだせないような綺麗な色がだせますが、今回はデザインカラーの話です。

 

第一弾は最近じわじわ人気がでているインナーカラーです。

 

インナーカラーとは内側を明るくしたり別の色を入れたりするカラーです。

 I

 

I

 

I

 

 

ちらっとみえる感じがオシャレです。やりすぎない感じも最近のトレンド的にぴったりです。

 

しかも一度明るくしとけば褪色してからも綺麗な色が入るので長く楽しむことができます。

 

ボブとか重くみえがちなスタイルにおすすめです!

 

 

小川雄基

投稿者: 株式会社クーラ

2015.01.12更新

Curaでは初めて来店したお客様にカウンセリングシートを書いて頂いております。

 

その中のひとつにカラー履歴について書いていただく欄があるのですが、結構ホームカラーをなさっている方が多いですね。

 

確かに家で自分で出来るので時間がかからないし、安くすむというメリットはあります。が、、、

 

よく考えてください。

 

美容師でもお店に入ってからお客様のカラー施術に入れるようになるまでだいたい1年くらいかかります。(お店によって差はあります。)

 

1年かけて理論や技術を勉強し、練習を重ねてやっとできるようになるのです。

 

それだけむずかしい技術であり理論が必要なのです。

 

が、実際市販のカラー剤でもちゃんと染まります。

 

ホームカラーをやる方には

 

・時間がなくて仕方なく自分でやる

 

・確かに自分で塗るのと美容師が塗るのとクオリティーの差はあるけど、別にそこまで気にならない。プリンがなおればいい

 

って方がいると思います。

 

後者の言っていることもわかります。(実際僕も学生の時はよく自分でカラーしていました)

 

でも僕がホームカラーをやらないほうがいいって言っている理由はクオリティーの差以外にもあるんです。(むしろ他の理由のほうがお客様にとっては大事なことなのでは?)

 

では他の理由とは?

 

まずひとつ目はダメージの部分。

 

今のホームカラーはトリートメント剤も含まれているので昔ほどダメージはしませんが、やはりサロンで使っている薬剤とは全然違うものなのでダメージします。

 

カラーは髪質や髪の状態によって反応の仕方が違います。同じ薬を使っても細毛の人と剛毛の人とでは仕上がりが違ってきます。もちろんダメージしてる髪とダメージしてない髪にやっても仕上がりが変わります。

 

カラーをするタイミングは人それぞれですが、大抵は根本が伸びてて(黒髪)毛先は明るいはず。

 

もちろんそこも別の薬を使うべきですがホームカラーではそうはいきませんよね?

 

市販のカラー剤は染まりにくい人でもしっかり染まるようにできているので、強い薬(語弊があるかもしれませんがむずかしい話になってくるので大まかに強い薬とします)です。

 

だから染まりやすい人は明るくなりすぎるし、毛先はそんなに強い薬必要ないのに強い薬を塗るので余計傷みます。

 

これがひとつめ。

 

次にふたつめ。

 

これは市販の白髪染めや黒染めの場合です。

 

今書いたように誰でもしっかり染まるように強い薬が使われています。

 

その上、白髪やハイトーンの髪をしっかり染めるのにはさらに強いチカラが必要になります。(これはサロンも同じです)

 

なのでより傷むってのもあるのですが、その分しっかりと入るのでなかなか落ないのです。

 

厳密に言うと褪色はしてくるけど髪の内部に染料が残ります。

 

これってダメなことなの?って思う方も多いと思いますが、ダメというかカラーチェンジしたくなった時に問題が出てきます。

 

褪色してても内部に染料が残っていると明るくなりずらいです。お店で黒染めしても同じことが言えるのですが、それはお店によって使っている黒染めの薬からどうやれば明るくできるかってのを研究しているはずです。

 

でもそれが市販の薬となると本当に読めないです。やってみて明るくなることもありますが、希望通り明るくならないことの方が多いかもしれません。(全くダメージと時間のことを考えなければなんとかなりますが)

 

こんな感じのことからホームカラーはあまりおすすめできません。

 

でも前者のように仕方なくホームカラーをすることもあると思います。

 

その場合はカウンセリングの時に正直に言って下さいね!

 

なんとか希望通りの色になるように最善をつくします!

 

黙っていて後からわかる方が大変なので。笑

 

 

 

ここまで長文になるとは思ってませんでした。笑

 

最後にもうひとつ!

 

僕は本当はクオリティーの差を肌で感じてもらいたいです!

 

やっぱりプロがやると違うなーって。いい色でるなーって。

 

僕がカラーしたら、もう他のところではできないって思ってもらえるように頑張ります!

 

次回は美容室でしかできないカラーについて書きます!

 

お付き合いありがとうございました!

 

 

小川雄基

投稿者: 株式会社クーラ

前へ
PageTop