2016.04.18更新

日曜日の夜は、平日より1時間早く閉店するので

サロンでは、様々な勉強会が行われていますが

昨日の勉強会は新しい取り組み『動画撮影について』の勉強会でした。

 

ヘアスタイルの撮影はここ5,6年で成熟して来てますね。

 

それまでは、カメラマンに頼んで撮ってもらってましたが
今では、美容師がそれぞれの道具を使って撮影するようになりました。

 

これから新しいコンテンツとして美容室では「動画」を使うようになって来ています。

 

動画を撮るなら、単純にビデオカメラを回せばいいことですが

こだわりの多い美容師という人種は、どうもそれが嫌みたいです。

 

かっこいいのを撮りたい・・
音楽PVみたいなやつ。

 

そうなると、編集が必要になってくるし

カメラワークも、場所も、モデルもいろいろ考えていいものが撮りたい・・

 

「変なの撮ったら、恥ずかしい・・」って思うみたい。

 

ということで、簡単にオシャレに撮るコツや編集のやり方を

昨日を含めて3回コースでやろう!という内容です。

 

まず言ってたのが、「とりあえず、やってみろ!」でした。

なんでもそうですが、やってみると次が見えるということです。(これは何にでも共通することですね)

 

美容の仕事も初めはとにかく手を動かすことでした。練習あるのみ。

 

最近はそういう風潮ではないらしいです。

でも・・

”最小の努力で最大限の効果”を狙うような合理的な方法で
世の中を上手く渡ろうとする美容師に
上手な人を僕は見たことがない。

 

尊敬できる美容師は、みんなバカみたいに無駄なことをしたり
恥ずかしい失敗をいっぱいして、遠回りして

情けなくて泣いて、笑って生きてきたような人しかいない。

そういう人が深さを持っています。

この年になってつくづくそう思います。

これまでのカット・カラー・パーマなど美容師の軸と言われる技術以外にも
これからは、撮影や編集、SNS、英会話など
いろいろなことに取り組んでそれぞれプロとして使っていけるレベルまで
あげていきたいと思います。とりあえずいろいろ撮ってみて気持ちのいいものが出来るようになるといいなと思います。

動画

 

 

投稿者: 株式会社クーラ

2016.04.17更新

こんにちは。

今日は、空が微妙に明るいのに雨風が止みませんね。

先日からの熊本の地震が未だに収まらず、

ニュースに映る建物や道路が日に日に壊れていく姿をみると

地震の恐怖が伝わって来ます。

義理の兄の実家が熊本の下益城郡で、姉の結婚式の時に寝泊まりさせていただいたことがあります。

自然が多い=正直田舎ですが

裏山があってきれいな小川に魚や虫がいて、楽しかった記憶があります。

安否の確認は取れているものの、家は半壊して避難しているとのことです。

1時間に何回も震度3〜4の揺れがくる様で、気が滅入っていることでしょう。

 

何か出来ることがないか・・

こういう時になると、自分を含め日本中がそう思っていることでしょう。

 

実際今の所、何もない様です。

 

今は、しっかりと普通の生活をしながら

送るものを準備したりすることのみで

ある程度状況が収束してから動く方がいいみたいですね。

 

この規模の地震が首都直下だと正直無理かもと思わずにはいられません。

今のうちに、自分たちの心の準備と生きていけるだけの物の準備、

その時が来たら連絡をどう取るのかなど

親兄弟、家族と話し合いをしておく必要があるなと思います。

 

クーラはビルの4Fなので、サロンでも避難経路の確保、そのほかスタッフの連携の確認など

シュミレーションしておかなければと思います。

 

投稿者: 株式会社クーラ

2016.04.14更新

こんにちは。ハッピークリエーターケイジです。

美容室では、パーマをかけるお客様より、カラーをされるお客様の方が圧倒的に多いと言われています。
(全国平均でいうと、パーマをかけるお客様よりカラーをされるお客様の方が6倍多い計算です)

その中で、『白髪染め』と言われるカラーってどれくらいだと思いますか?

推測ですが、7割くらいが白髪染めだとおもいます。

髪を染める=明るくすること というのはイメージだけです。

ヘアカラーをしているお客様で、はじめて”白髪染め”をする時っていつでしょう?
いつから”ヘアカラー” が ”白髪染め”に変わるのでしょう?

「白髪染めをするようになったら、私もおばさんか・・」って思ってます?

いや~、そんなことないですよ。
全然恥ずかしくないんですよ。実は。

『ヘアカラー=白髪染めですから。実際は』

もちろん白髪の量や髪質など

白髪=老化というイメージになる場合もありますが

ほとんど、そうではありません。

全体の髪の中の1%~10%白髪があるだけです。残りは全て黒なわけですから

基本は黒髪を明るくします。と、同時に白髪に色をいれます。

全体は7~10レベルまで幅広く

色味も赤系~ベージュ系まで多様です。


僕のお客様も年齢問わず、白髪があると思いますが

そこは、特別視せず

まず、会社でOKな髪の明るさを決め、肌に合うツヤのある似合うカラーを話し合って

その薬剤を調整する中で白髪も染まるように調剤するだけです。

ですから

ヘアカラーをサロンでする場合は

好みのカラーのイメージや、今現在の自分の髪色の問題点をカウンセリングで話し合って

ツヤのあるきれいな髪色にすることが前提で、白髪はその過程で自然に染まっていきますので

あまり気にせず来てください。

今までのヘアカラーで、「白髪の部分だけ染まりが悪かったことがある」など

期待はずれなときがあった場合はそのことを教えてください。

ヘアカラーの基本は『その人に似合う”ナチュラルな髪色”にすること』です。

当然、白髪染めもナチュラルです。

肌に負担が掛からないように、地肌に出来るだけつかない塗り方で対応しますので

ヘアカラーにすこし不満がある方

ぜひ、ご相談ください。

 窪田圭志

ミセス

投稿者: 株式会社クーラ

2016.04.07更新

深夜スーパーで、パイナップルを買うという出来事がありました。

パイナップル=缶詰

という歴史しかない人間には、深夜の割には行動力を発揮した新しい試み。

Dole スウィーティオって書いてあるやつ

20個くらい山積みしてある中から選ぶのですが

どれがいいか全くわかりません。

せっかくなので、おいしいのが買いたいなとググってみる。

「おいしい パイナップル 見分け方」

いくつか出てきます。

https://nanapi.jp/48112

http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/Pineapple2.htm

便利な世の中ですね。なんでも検索できる。

その中で、

1、ずっしり重いもの
2、下の方が黄色いもの
3、全体的に丸みを帯びている
4、葉が長すぎず、枯れていないもの
5、下の方がカビてないもの
6、甘い香りがするもの
7、ツヤがあるもの

フムフム。なるほど。

この条件を満たすものを探してみました。

見た目の条件は満たすものの、香りがなかなかわからない・・

一心不乱に匂いを嗅ぎ続いて気づいたことが!

深夜にパイナップルを嗅ぎまくっている人=変質者

危ないところでした。

とりあえず買って帰って食べたの、おいしかったです。

検索で、その道のプロの知識を調べて参考にするということができる時代。

大いに活用したいですね。

 

 

投稿者: 株式会社クーラ

PageTop