2016.02.18更新

先日テレビを見てまして、

その中で

寿司アカデミーという学校があって、何ヶ月か通って寿司のノウハウを学んで、寿司職人になれるそうです。

それに対して、銀座の久兵衛というお寿司屋さんは一人前になるまで10年かかるそうです。

シャリ炊き3年、魚の仕込みが何年とか、つけ場に立つまでには長い修行が必要ということだそうです。

 

その番組の内容を見た人のブログですが、わかりやすかったので貼付けさせて頂きました。

http://www.gloriousblogger.net/entry/2016/02/16/180536

 

で、修行の話しですが

 

美容師も修行があるタイプの職業です。

 

その前に美容学校があるので、学校も出て資格も取ります。

 

それから、サロンに就職して修行という時間と労働と勉強が始まります。

全ての美容師が修行をして一人前になっている訳ではないですが

 

東京の表参道・原宿エリアだと

5〜7年程度のアシスタントの時間を過ごします。

この期間が一般的に言うと修行期間という事ですね。

 

もちろん、この期間は賃金が発生しますので雇用されている訳ですから

お金を払って勉強を教えてもらっている訳ではありません。

 

お金をもらって、仕事をしています。

 

ここで、修行の件ですが

 

僕が今からすし職人になるなら、寿司アカデミーに入ります。

それから、寿司を食べ歩いて『すし』について、勉強をしまくる事になるでしょう。

そこで、自分の求める寿司や価値、世界観、お客様の事を考えて

いろんなものを取捨選択していくと思います。

僕は、すごく器用なので一から修行しなくても一人前の職人になる自信があります。

 

で、美容師の事ですが

僕は美容師の修行をしました。

 

正直してきて良かったと思います。

店舗を変わって一から勉強し直した経験が何度もあるので

修行は15年くらいしたと思います。

 

今も毎日の仕事で

今より、クオリティの高い技術やサービスが提供出来るか?

安全で新しい材料のことを考え続け、迷いながら、全くゴールへはたどり着けていません。

情けないと思いますが、

少し上手くなったと思っても、いつも意識はもっと先に行ってしまいます。

 

日々変わるお客様の髪、流行、似合わせのトレンド、自分の体、感覚そういったものに対して、

常に最高なものを提供していこうとする試みは

安住の場所にたどり着くこと、とは

ほど遠い世界です。

 

そう考えると、

仕事に高みを目指すと終わりはないという事でしょう・・

それは、人から見るとずっと修行をしているように見えるかもしれません。

 

修行は辛いものという様に見えるかもしれません。

 

しかし、やってる方は意外と充実した時間をあっという間に過ごしているのかもしれません。

そのなかには、目に見えない喜びがたくさんあると思います。

 

もちろん、経営者としての目線や技術者としての目線の違いもあるでしょう。

 

僕は、寿司職人の世界を知らないから、寿司の世界の高みを目指さないということでしょう。

それなら、長い修行は必要ないですね。

 

ちなみに「この辺りのエリアはカット料金や技術料金が高いからお客様が来づらいですか?」

と、聞かれる事があります。

 

Curaはデビューしたばかりのスタイリストも、キャリアが10年以上のトップスタイリストも

カットの料金は6000円です。

 

お客様から見て、僕が担当して”得したな”と思って頂けるような仕事をしていくだけですが

美容に費やしてきた今までの時間や、今も成長していること、これからの伸びしろも含めて

評価して頂いていると自負しています。

 

これからも、しっかりと自信を持って

お客様に誠実に仕事をしていきたいなと改めて思います。

 

 窪田圭志

 

 

 

投稿者: 株式会社クーラ

2016.02.18更新

こんにちは。
春はもうすぐですね。

 

入試が終わってほっとしている人、卒業式目前の人など
「今まで我慢してたけど、髪を明るく染めてやるぞ!」と楽しみにしている人も多い時期ですね。

 

思い出しますね~。あの頃を・・・

 

それはさておき、

髪を明るくする時に”どれくらい明るくすればいいか?

 

これは大切な事ですが、今まで染めた事が無い人は基準がないから
どれくらいがいいのか、正直わかりませんね。

 

髪を染めるにあたって、大切なのが
1、明るさ
2、色味
3、持ち(褪色後のこと)
これを整理しておくと話しが早いです。

 

1、明るさ・・・ヘアカラーのレベルと言われるもので、バイトや仕事先だと「7レベルまで、です」とか言われます。
ナチュラルな黒髪が3レベル ~ ブリーチした金色が20レベルくらいですね。

 

2、色味・・・ブラウン、赤、青、黄、緑、紫、オレンジなど
ブラウンを軸にして基本は5色+組み合わせは「明るさ+色味のミックス」なので無限に作れます。

 

3、持ち・・・ヘアカラーは染めた後、少しずつ変色(褪色)していきます。
明るいカラーや透明感のある色ほど、すぐに変色します。


長持ちさせたいと思っているか、すぐに色落ちしてもいいかで、仕上がりも染め方も変わります。

 

それと、

『髪質+ダメージ+黒染めの履歴+縮毛矯正』の履歴などで理想のヘアカラーにならない事もあります。

 

とくに、学校が厳しくて自分で定期的に黒染めをしていたという髪の毛は、
明るくする時にムラに染まってしまいます。

 

縮毛矯正をしていた人は、髪の中のタンパク質が固まっているせいで、明るくなりにくいという事があります。

 

髪の履歴が複雑になればなるほど
傷ませずにきれいにブリーチして色を抜いて、希望の色に染めて長持ちさせるのは至難の業です。

 

100%の仕事は多分無理でしょう。

 

黒染めを繰り返していた人は、
そこを踏まえた上でカラーの相談をして下さい。

 

はじめて髪を染める時には、上記の3つのことを頭の隅において
ヘアカタや画像でやりたい髪の色や、可愛いなと思う髪色を探して
相談するといいと思います。

 

髪の色は、パーマと比べて一瞬でその人のイメージを変える事が出来ます。
とてもわかりやすいです。

 

髪の色が変わると気持ちも変わります。

 

ワクワクしますね。

 

ぜひ、髪色を変えて新しい自分を手に入れて下さい!

 

 窪田圭志

投稿者: 株式会社クーラ

PageTop