2015.10.11更新

50歳を過ぎる頃から、「髪の毛がクセ毛になった」というお話しをお聞きする事があります。

「更年期で髪が少なくなった。パサパサになった。」「更年期の薬のせいですか?」etc

骨や肌は老化して、骨粗しょう症になったり、しわが増えたりして、理由と結果がわかりやすかったですが

髪の毛の研究はそこまで進んでなかった様です。

最新の研究の結果では、

髪の老化は認められた様です。

分かりやすく説明すると

1、髪が老化すると=髪がパサパサしてクセが出たりします。

2、老化とは=ここでは『酸化』のことをいいます。活性酸素により酸化すると髪の構造に影響を与える程になります。

3、どこが酸化するのか=髪の成分のケラチンタンパクの中のアルカリ性のアミノ酸(塩基性アミノ酸)『アルギニン・リジン』が酸化します。

活性酸素は、体のばい菌をやっつけてくれる重要な要素ですが、体にも同じ効果を発揮します。

(活性酸素は肌のくすみ、シワ・たるみの原因にもなっています)

これを、抗酸化酵素(カタラーゼ)が抑えてくれているのですが

年齢が進み体の代謝が下がると、カタラーゼを作る量が減り活性酸素を抑えきれなくなります。

これを『老化=酸化』と仮定します。

今後はカタラーゼを配合した抗酸化作用のあるシャンプーやヘアケア剤の開発も進められています。

投稿者: 株式会社クーラ

2015.10.11更新

50歳を過ぎる頃から、「髪の毛がクセ毛になった」というお話しをお聞きする事があります。

「更年期で髪が少なくなった。パサパサになった。」「更年期の薬のせいですか?」etc

骨や肌は老化して、骨粗しょう症になったり、しわが増えたりして、理由と結果がわかりやすかったですが

髪の毛の研究はそこまで進んでなかった様です。

最新の研究の結果では、

髪の老化は認められた様です。

分かりやすく説明すると

1、髪が老化すると=髪がパサパサしてクセが出たりします。

2、老化とは=ここでは『酸化』のことをいいます。活性酸素により酸化すると髪の構造に影響を与える程になります。

3、どこが酸化するのか=髪の成分のケラチンタンパクの中のアルカリ性のアミノ酸(塩基性アミノ酸)『アルギニン・リジン』が酸化します。

活性酸素は、体のばい菌をやっつけてくれる重要な要素ですが、体にも同じ効果を発揮します。

(活性酸素は肌のくすみ、シワ・たるみの原因にもなっています)

これを、抗酸化酵素(カタラーゼ)が抑えてくれているのですが

年齢が進み体の代謝が下がると、カタラーゼを作る量が減り活性酸素を抑えきれなくなります。

これを『老化=酸化』と仮定します。

今後はカタラーゼを配合した抗酸化作用のあるシャンプーやヘアケア剤の開発も進められています。

投稿者: 株式会社クーラ

PageTop