2015.02.25更新

サロンに新しく超純水ミストという機械が導入されました。

簡単に言うと

”水を霧状にする機械”ですが

普通のミストとは、全然違います。

今までのミスト機は、圧力釜(ポットの要領で)で沸かして霧状に噴射するタイプでした。

 

今回のは、違います。

水をナノ化して細かい粒にして噴射します。

髪の中に入るレベルが違います。

 

その水も、超純水を使います。

超純水は、水から不純物を取り除いた水です。

飲料水の場合、ミネラル水はカルシウム・マグネシウムなどのミネラルが入っていて

水道はカルキや消毒も入っていますが

超純水は、東京ドーム一杯の水に、不純物が角砂糖一つ分しか入ってない。

 

混ぜ物が入ってないので、髪の中に入るとタンパク質やトリートメントとくっついて

離れなくなります。髪のダメージ部が補強されるということです。

 

他にも、パーマの浸透促進やカラーの発色を鮮やかにするなど

使うことによって今までにない髪のケアができるようになります。

 

これは、進化ですね。

 

お客様に喜んで頂けるプロダクツを日頃から探して

ご提案させて頂くことも、美容師の大切な仕事です。

 

これから、紫外線も強くなりますから

髪のプロとして様々な情報をご提供させていただきます。

 

投稿者: 株式会社クーラ

2015.02.23更新

寒いのにアイスコーヒーを飲みます。

どこに行っても、コーヒー飲むのならアイスにします。

すごく寒い朝に、近くのファミマでアイスコーヒーを買って

「さむ〜」っと言いながら、アイスコーヒーを持って出勤すると

「へっ?」っという顔されます。

最近のコンビニコーヒーは、挽きたて抽出で美味しいですね。

それを、わざわざ氷で急冷するところが魅力的です。

もう、夏だからとか関係ないわけですよ。

アイスコーヒーを選ぶ理由は!

でも本当は、美味しい日本茶が飲みたい。

淹れたてをアイスで。

コンビニの機械も、次は日本茶を出してくれないかな〜。

投稿者: 株式会社クーラ

2015.02.23更新

最近、クーラには健康ブームが来ております。

ダイエットを目指す者、体力をつけたい者、ストレス発散したい者

それぞれが、走ったり、ジムに行ったり、ヨガに通ったり

サロンスタッフの意識が健康志向に傾いています。

 

そんな中、僕は走るのが苦手です。

走らなくはないのですが、あまり好きではない。

走ってる人を見て「すごいな!」と思う。

痩せたければ、走るのが一番手っ取り早いらしいです。(あと、食べないようにすること)

 

どうにかして、走らないのに理想の体になりたいとわがままを言ってあみ出したのが

『ごろごろ健康法』です。

 

読んで字の如し。ごろごろするだけですが、

理想の体を目指すことの一つに体を柔らかくしたい!

 

ということで、ごろごろしながらストレッチもします。

 

今一番気になるのが、骨盤と足の付け根です。

ここをどうにかしたい!(誰か助けてください)

 

で、ごろごろ健康法の真骨頂が

船底をイメージして体を固めた状態にして

ごろごろします。

一本の丸い板になった感じで。

仰向け、うつぶせ 両方とも。

結講きつい。筋肉痛がヤバい!

(ごろごろするのも大変だな・・)

走った方が楽かな?と思ったりして。

 

こういうのは、こつこつ続けることが大事なので

「最近痩せましたね!」とか言われるのは、3ヶ月以降でしょう。三日坊主にならなければいいのですが・・

 

 

投稿者: 株式会社クーラ

2015.02.19更新

こんにちは。今日は、ストレートパーマについて、お話しします。

まず”ストレートパーマ”と”縮毛矯正”の違いについて。

サロンによっては、別々のメニューになっている所もありますが
Curaでは、同じと考えています。

 

”ストレートパーマ”は薬剤で、髪の中のタンパク質の繋がりを分離させ
クセを緩ませ、そのままの状態で酸化剤を使って分離されたタンパク質をくっつけて元に戻す。

”縮毛矯正”は、ストレートパーマの酸化剤をつけて戻す前に、高温のアイロンを使って真っすぐの状態のまま、高熱でタンパク質を変性させ固めてその後に酸化剤で元に戻す。

比べると縮毛矯正の方が、しっかりかかり長持ちします。

 

では、縮毛矯正の方が『強い』のか?
というと、そうではなく
強いか弱いか薬剤のパワーによります。この強さは、ダメージに比例します。

クセ毛にも種類があり、強いクセも弱いクセもあります。

くせ

弱いクセ毛に強い薬は必要ないし、傷みます。
強いクセ毛に弱い薬はクセが伸びません。

髪質に合わせた薬を選択する必要があります。
クセが丁度よく伸び、傷まないギリギリを狙うと髪の負担はゼロに近くなります。

そのときに、高温アイロンで髪の中のタンパク質に丁度いい熱変性を与え固定します。

そうすることで、手触りのよい・ツヤのある・しなやかな髪の状態が半年近く持続します。

 

縮毛矯正 = ダメージ大 ではないですし
ストレートパーマ = 優しい ではないです。

 

ちなみに、過去に縮毛矯正で髪が傷んだ人は

・薬剤のパワーが髪に対して、強すぎてチリチリパサパサになった。

・高温のアイロンで熱変性するときに、髪の中の水分が多すぎて髪の中のタンパク質が”水蒸気爆発”を起こして

 クセが広がっただけのボサボサになった。

大きく分てこの二つが原因です。

 

熱を使うパーマは、髪質の診断と経験がものをいう、美容の中でも難しい技術のトップクラスです。

扱う人がまずいと大変なことになってしまいます。

 

その髪の毛の状態にジャストの薬剤の選択と処方が腕の見せ所になります。

いや~、ストレートパーマ大好きですねー。腕が鳴ります!!

 

強~いくせで困っている人!  バッチリきれいにツヤツヤにします。

弱いけど膨らむし扱い辛くて困っている人!   
柔らかくしっとりした手触りだけど、ペタッとしない弾力がある髪の毛になってにサラッときれいにします。

 

これから、花粉の後にすぐ梅雨が来ます。

湿気や雨で髪が大変なことになる前に、ぜひご相談にきてください。

髪質とクセの種類、ダメージとなりたい髪型をご相談して
いろいろアドバイスさせて頂きます。

お待ちしています。
  
  窪田圭志

投稿者: 株式会社クーラ

2015.02.15更新

こんにちは。

寒い日が続いているようなことを天気予報では聞きますが

お昼に日当りが良い所に行くと、なんか「春っぽいなぁ・・」とか思って

冬の終わりを感じる季節ですね。

 

最近読書から遠ざかっていて、「読みたいなぁ」と思っていると

お客様が ”誉田哲也” を読んでいます。

 

「そうか・・」ということでこの春は、読んでみようかと思う今日この頃。

 

気をつけるべきは、この小春日和ですね。眠くなってしまいますから。

投稿者: 株式会社クーラ

PageTop