2014.01.09更新

こんにちは。いつもありがとうございます、窪田圭志です。
個人的なお知らせです。
美容業界誌 PREPPY 2月号の Topics に
パーマの得意なサロンCura のスタイリストが絶大な信頼をおく
傷まないパーマ剤 『Noemi ラジカルアシッド』のテクニカルの掲載を担当させていただきました。
Cura では "髪のダメージを最小限に手触りのいい立体的なカール"を追い求めて
日々、開発・勉強会を行っています。
これからも、お客様が安心してかけられるパーマを提案していきます!!

投稿者: 株式会社クーラ

2014.01.06更新



今年も恒例の正月映画に行きました。
たしか去年は、「007スカイフォール」だったような・・。

今年は、「永遠の0」です。
小説は読んでいたので、内容は理解した上で観たのですが・・

最初に零戦の空戦があるのですが
この映像がなんか,グッときます!

映画自体の全体のテーマが "愛 "なんですよね。
何かずーっと泣いてました。

戦争に対して良いか悪いかと言う論争は、ここでは触れませんが
過去を否定する事は、あまり好きではないです。

僕の祖父も戦争に行きました。
生きて帰ってきました。
ビルマ(ミャンマー)に行ってたみたいです。

今は亡くなってますが、生前はいろんな戦争の話しを聞きました。

僕はそんな祖父が大好きで、一番尊敬している人間です。

劇中のセリフで、主人公の祖父が「生き残った人々の一人一人に壮絶なドラマがある。死んでも人に言えないようなことが・・」と言ってました。

現代では、なんでもネットに公開したり自分の思いや考えを発信したり、それによって知らない人に慰めてもらったりして、
辛い事や悔しい事を自分のなかに押し殺す事が出来なくなってます。

この時代の人の強さは、ここにあるのだなと考えさせられました。

戦争を経て、どういう気持ちで命を未来に託したのか
今となっては、想像するしかないですが、
その役が自分であってもやっぱりそう思っていくのか
託された自分が何をしていくのか
静かに考えることができる時間をくれた映画でした。

個人的には、この映画は
以外に女性の方が感じる部分が多いような気がします。

機会があれば、観てください。

投稿者: 株式会社クーラ

2014.01.06更新

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2014年スタートしました、ケイジ です。

昨年は、年末・年始にかけ雪が降ってたような記憶がありますが
今年は、晴れ晴れとした年明けで気持のいいスタートになりました。

2013年の美容業界はパーマブームでした。(実は・・)

そこで、様々な技術革新や薬剤の開発があって
今までパーマで髪が傷んだ方や上手くかからなかった方にも
喜んでいただける様にパーマが進化した年でした。

2014年もそのまま進化の途中で、夏までの間にそういう情報が目白押しになっていると思います。

僕たちは、その中にいて開発を手伝ったり新しい技術を発見したりしているのですが
やっぱり大切なのは『お客様に喜んでいただくこと』を目的に取り組んでいると言う事です。

様々な方法や種類が目まぐるしく登場しても
実際はお客様には「何がなんだかわからない?」という感じだとおもいます。

"クリープ? デジクリップ? モルビドスチーム?"

意味の分からないパーマのネーミングと
なんとなく説明される内容に翻弄される瞬間がそこかしこの美容室で起こると思います。

今年は、できるだけ
『お客様にわかりやすい情報とイメージしやすいヘアスタイル』を提供する美容師として
ネット上に情報を伝えていきたいと思います。

お客様から見てわからないメニューの内容や、イメージの見えないヘアスタイルには
お客様が「ちょっとそれよくわかりません!」とはっきりと伝えられる様に。

美容師側はきちんとした説明でわかりやすく
お客様がイメージしやすい伝え方が、出来るような内容を発信していきたいと思います。

2014年も
美容室に行って髪型を変える事で皆さまが明るく楽しく元気になるような
美容室を目指してがんばっていきたいと思います。

よろしくおねがいします。

 窪田圭志

投稿者: 株式会社クーラ

PageTop