2013.05.30更新

こんにちは。
Cura のハッピークリエーター ケイジです。
今日は美容師のハサミについてのお話。

先日、Curaの2年目のアシスタント "成尾"と"大滝" がとうとうシザーを買うときが来ました。

美容室は入社すると、様々な技術をレッスンして
チェックを合格していく事で
新しい仕事にも従事出来るようになります。

それまでは、シザーを使う事はありません。

シャンプー、ヘッドスパ、パーマ、カラー、ブロー、アイロンなど

シザーを使わない技術レッスンの習得後に
初めてカットレッスンが開始されます。

美容師のハサミは、個人の持ち物です。
サロンのものを借りる事はありません。
自分で購入します。

ハサミの相場は
3万〜30万です。
高価なもの程切れ味がいいわけではありませんが
材質やデザイン、ブランドで多少の差があります。

初めてハサミを買うときは
「まだ練習なんだから安いやつでいいよ」
とは言いません。

値段に関係なく良いものを買います。
良いものは値段ではないのですが・・・

たとえば、
同じ形の同じ大きさの同じ金額のハサミでも
手に持ってみて、指を通して、開閉して動かしてみる
すると・・・

「なんかむずかしい、しっくりこない」「これなんかいい?!これ!」と
合うハサミ合わないハサミがあるものです。
全く同じものですが、何か違う。
波長なのか、何なのか・・?

しかし、そういうのがあります。

ですから、たくさん持たせてもらって自分が「なんとなくこれっ!!」
と思うものにであったら間違いなく買いです。

ハリーポッターの杖の用に
自分に選ばれる為のシザーがあるはずです。

僕は、初めて買ったハサミを毎日磨いて枕元において寝てました。
肌身離さず持っていたタイプです。

ファーストシザーは永遠に自分の基礎となってくれる大切な相棒です。
素晴らしい相手に出会う事を祈っています。

投稿者: 株式会社クーラ

2013.05.10更新


「今年の夏も暑くなりそうです!」と毎年、意味の無い予言をしている天気予報を聞くと
「今年の夏はストレートパーマをかける方が増えるかな・・」という同じく意味の無い予言を
してしまう季節になりました。

「梅雨になるとクセでまとまらなくなりますよね・・」とお聞きします。

それは気温と湿度が上がると髪の中にあるタンパク質に変化が起きてしまうからです。

冬のように空気が乾燥していると、おさまっていた髪が
夏になると湿度が上がって、膨らんでまとまらなくなる。

髪の中には親水性(水分を取り込みやすい)と、親油性(水分をはじく)のタンパク質があります。
このバランスが取れているときは、髪の状態はツヤのあるストレートになりますが
湿度のせいで親水性が過剰反応すると2種類のタンパク質のバランスに歪みが生じます。
それが、うねりや膨張の原因になります。

最近のストレートパーマはこのバランスを安定させる事が出来るようになりました。
目的が『髪を真っすぐにする』から『髪の中の水分と油分のバランスを安定させる』に変わりました。

それによって
自然で柔らかいストレートになる事が可能になりました。

超直毛になっていた時代と比べると
スゴイ進化です。
クセがおさまるだけじゃなく、髪のツヤ・手触りも変化します。

気づくと触ってしまう髪。

風になびく髪。

あこがれます。

そして、最近流行りの『黒髪』。
(最近流行りっておかしいですが・・)

本来の髪の美しさ。日本人の凛とした女性像。知性のあるセクシーさ。

そこが見直されている気がします。

ぜひ、湿気でお困りのことがありましたらご相談ください。



窪田圭志

投稿者: 株式会社クーラ

2013.05.01更新

行ってきました!!


『蜷川実花写真展 LUCKY  STAR』

今までの作品が大きなパネルになって
蜷川ワールド全開の世界でした。
色の使い方とモデルの切り取り方が斬新です。

やわらか〜い写真が好まれる昨今では
かなりケバケバしい感じですが
モデルの表情やキャラの作り方がFUNNYで
そのバランスが絶妙です。

全体の感想では
女の子はキャラを作り
男の子は素のカッコ良さ引き出した。
そんな感じでした。(個人的な意見ですが)

そう見ると、女子の方が楽しめる作品が多いなという感じです。

表参道ヒルズで期間限定ですので、GWに行ってみてはいかがですか?


窪田圭志

投稿者: 株式会社クーラ

PageTop