2017.09.21更新

こんにちはスタイリストの小川です!

今、美容室ってめちゃくちゃ多いですよね。

特に原宿、表参道なんかは激戦区と言われるだけあって、色々な意味で質の高いお店が多いと思います。

そんな群雄割拠の原宿、表参道で生き残っていく為にどこの美容室もたくさんの努力をし、戦略を立てています。

そこで今日はCuraのこだわりについて書きたいと思います!(Curaのこだわりと書きましたが、僕の考えがかなり混じってます。笑)

いつも真面目ですが、今回はいつも以上に真面目に書いたので面白くはありません!

 

 

ヘアースタイルを作る上で大切にしている事がいくつかあります。

・デザイン

・似合わせ

・再現性

・ダメージレス

 

デザイン

ショート,ボブ,ロング

ただ決められた長さに切ることは練習すれば誰でもできます。

その髪型にスタイリストによるデザインがあるかないかで同じ長さの髪型だとしても全く違う髪型になります。

デザインをのせる上で大事になってくるのが

似合わせ

です。

ショート,ボブ,ロング

奇抜にするのがデザインなのか?人と違った髪型にするのがデザインなのか?

もちろんそれもデザインですが、それが全てではありません。

個性的な髪型にするにも、普通の髪型にするのも、大切なのはその人に似合っているかどうか。

つまりその人の骨格や雰囲気やファッションやメイクなどに髪型をフィットさせるということがその人に対してのデザインなのではないかと思います。

デザイン=似合わせ

と言っても過言ではないかと僕は思います。

再現性

ショート,ボブ,ロング

美容室に行った日はすごくいい感じになっていたけど、自分ではうまくできない。

そんな声をよく聞きます。

それでは意味がないのでは?

自分でコテをうまく巻けないからパーマをかける。毎日アイロンでクセを伸ばすのが大変だからストレートパーマをかける。

つまりスタイリングを簡単にしたいということ。

なのに美容師が仕上げないと上手くできない。

これでは美容師の自己満になってしまいます。

お客様が普段どこまでスタイリングに時間をかけられるか、スタイリング剤を使うかどうかなどその人に合わせた再現性の高いスタイルを作るように心がけます。

そして

ダメージレス

ショート,ボブ,ロング

スタイルを作る上でカラーやパーマは必要になってきます。

でもカラーやパーマをしたせいで、髪のツヤがなくなったり、綺麗な髪でなくなってしまったらとても残念です。

技術力はもちろんですが、Curaでは薬剤や反応の知識力にも同じくらい力を入れています。

よりダメージの少ない方法で質の高い施術を目指しています。

その為に必要な薬剤や機材は充実していると思います。

 

Curaは全国的にみてもパーマ比率がとても高いサロンです。

特にストレートパーマとデジタルパーマが多いのは今挙げた4つのポイントが実感しやすいからだと僕は思っています!

自信を持っておすすめできるCuraの一押しメニューです!

Curaで美髪にしましょう!!!

 

 

 

  

原宿  Cura  小川雄基

投稿者: Cura

PageTop